2009年02月16日

ものぐささんの豆ごはん

【材料】
米     2合
発芽玄米  1合

大豆の缶詰 110g程度のもの1缶

酒     大さじ3
みりん   大さじ2
醤油    中さじ1程度
塩     少々

だし用昆布 適量


【作り方】

1. 米2合を研ぎ、発芽玄米と合わせて水につけておく。
  このとき昆布も一緒に入れる。30分程おく。

2. 計量カップに調味料を合わせ、合わせて100mlになるように水を足す。
(発芽玄米を使用しない場合は水の量は50mlにするか調味料のみにするか、
 お好みで調節してください)

3. 1から昆布を一旦取り出し、通常通りの分量の水を入れる。
  そして、2を均等に混ぜ合わせる。

4. 3の上に缶詰の大豆を均等に乗せ、取り出した昆布も入れる。
  ※このとき米と大豆を混ぜないこと!

5. 通常通りに炊飯器で炊き、炊き上がったら15分蒸らして出来上がり!



《追記》
これは何度か失敗しつつ作ったのですが、最初は味付けを忘れ昆布入れたから塩味くらいつくだろ〜と思いきや何の味もなく、2度目は上記の味付けをしたつもりが一口食べてなんとなく違和感を感じ、しかし普通にうまかったので気にしなかったのですが、3度目に作ろうと思った際に気づきました。

キッチンの下から手探りでみりんを取り出し、計量カップに入れようとしたときにふとラベルと見ると「穀物酢」・・・・。
もしかして前回、みりんじゃなくて酢を入れたのかしら。。
でも普通においしかったので、興味のある方は試してみてください。(笑)
あたしも次回酢で作ってみよう。'`,、('∀` ) '`,、
posted by みゆみゆ at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

代謝改善・食べるスープ

ネットで偶然見つけた「脂肪燃焼ダイエットスープ」をアレンジしてみました。
あたしはダイエットには興味ないんだけど、代謝アップさせたい&野菜食べたい&あったかいもの食べたかったので挑戦。
ほんとは下の野菜の他にトマトも入るらしいんだけど、トマトスープは嫌だったので除きました。
思いつきで酢を入れてとろみをつけてみた。結果なかなかよかでした。


・野菜がたくさん摂れます。
・生姜で体を温めて代謝をアップ!


【材料】

・キャベツ 1/4個
・玉ねぎ 1個
・にんじん 1本
・セロリ 1/2本
・ピーマン 3〜4個
・しめじ 1パック
・にんにく 1片
・だし用昆布 適量
・豆腐 1丁

・おろし生姜 チューブのものを2cm強程度
・醤油 お玉に3杯
・酒 お玉に2杯
・酢 お玉に2杯

・片栗粉 大さじ2と1/2杯


※上記の野菜全部入れると24cmのフライパンに入りきらない程なので適当に調節してください。


【作り方】

1.野菜はお好みの大きさに切り、しめじは石づきを取り、にんにくはみじん切り
にする。
 だし昆布は濡らしたキッチンペーパーで表面を拭き、食べやすい大きさに切る
(普通だしをとったら取り出すものでしょうが私は好きなのでそのまま食べます)
2.1をフライパンに入れ、半分ほど水を入れて強火にかける。
 野菜が煮えて量が減ってきたら8分目くらいまで水を追加します。(材料が多いので吹きこぼれを防ぐため)
3.沸騰したら火を弱め、弱火〜中火で10分程煮込みます。
4.味をつけて、お玉におろし生姜を溶かし入れます。
5.火を止め、片栗粉を水で溶いて回し入れます。
6.豆腐を適当な大きさ(大きめにお玉ですくってもOK)に切り、投入して出来上がり!


味のイメージとしては、ブタとパイナップルの入っていない酢豚って感じ。(笑)
本当は肉も入れたかったんだけど、具が多すぎ&ブタより鶏(手羽とか)がよかったけど高い・・・で今回はやめました。
片栗粉でとろみをつけて、シャキシャキバリバリ野菜を食べれます。
私はどうしても豆腐を入れたかったので無理矢理入れましたが、入れなくてもいいかも。
でも体にいいので入れると尚いいと思います。イソフラボーン!
入れる場合は崩れ防止に最後に投入!

フライパンにたっぷり出来るので、お昼にも汁を少なめにタッパーに入れ持ってきました。
おなかいっぱいになるしお通じもよくなった気が!
これだけを食べるのはオススメしませんが夕飯のお供にいいかと思います♪

posted by みゆみゆ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フライパン de 秋刀魚ごはん

【材料】

・米 2合
・水 376cc(ごはんやわめがいいなら400ccくらいでも)
・秋刀魚 1尾

・醤油 お玉に1杯と大さじ1
・酒 お玉に1杯と大さじ1
・生姜 1カケ

※具※
大根 1/3〜半分くらい
舞茸 半パック〜1パック

※この具は、適当に好きな野菜やキノコで可。

・小ねぎ 適当に


【作り方】

1.米は研いで水につけておく。
2.生姜、大根は皮をむき、生姜はみじん切りにし、大根は細かくさいの目に切る。
 舞茸は適当に手でちぎる。
3.水376cc(or 400cc)を鍋に入れ、2を投入。
 強火で火にかけ、醤油、酒を入れ味をつける。
 沸騰し具が少し柔らかくなったら火を止め、汁と具を分け冷ます。
4.米は水気を切り、フライパンに平らに敷く。
 米の上に具を散らし(米と具は混ぜない!)その上に水洗いした秋刀魚をそのまま置く。
 3の汁を端から静かにまんべんなく入れる。
5.フタをして(フタがなければアルミホイルを二重にかぶせ、密封出来るように端っこをしっかり折っておく。火につかないように注意!)強火にかける。

火加減の目安は、
沸騰するまで強火→くつくついったら弱火にして15分→火を止めて10〜15分蒸らす。
で、バッチリ!

↓鍋でのご飯の炊き方はココを参考にしました↓
http://home.tokyo-gas.co.jp/benri/gohan/p3.html

6.ご飯が炊きあがったらフタを取り、秋刀魚の頭、骨、内蔵などを取り、下から混ぜる。
7.お茶碗に盛り、小ねぎをたっぷりふりかけて出来上がり♪


【ポイント】
・生姜が秋刀魚の生臭さを決してくれるので生姜は必ず入れること!
・米と具は混ぜず、炊いてる間はフタを取らない!(覗く程度はOK)
・秋刀魚はさばいてから入れると血が出てしまうので、そのまま投入!
・ご飯を炊くときの水加減は、米の1.2倍が基本らしいので、2合(300g)なら水は376ccとなる。米を増やす場合は×1.2で計算すればOK!
posted by みゆみゆ at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。